お腹を引き締めるには運動による筋肉増加も必要

下腹部に蓄積された脂肪を落とすには、腹筋を使った運動を毎日続けて引き締めることです。

ダイエットをして体重が減ったとしても、必ずしも腹の引き締めになるとは限りません。

体脂肪を減らすことができなければ、体重を落とせたとしても、肥満は肥満のままです。お腹を引き締めるようなダイエットをするには、筋肉を運動によって刺激することがまず第一です。腹を引き締めるためにはまず、腹筋を毎日続けることが必要です。

腹筋の運動をするだけでなく、腰をひねる運動もすることで、一層お腹の引き締め効果を得ることができます。

体重が同じでも、より下腹部が出っぱっていて、引き締まり方が十分でないように見える人は、肥満体型に近いようです。

逆に体脂肪が少なく筋肉量が多ければ、引き締まった体になります。

ダイエットをしたいと思ったきっかけが、へそ近くの皮下脂肪が多いことに気づいたことだという人もいます。

体脂肪が多いと、体重そのものは少なくても、ダイエットによる引き締めをしたほうがいいことがあります。

健康的なダイエットを実践することは、体型を保つことはもちろん、病気知らずの元気な体を作っていくことに繋がります。

毎日体を動かして、たるんだ体を引き締め、お腹まわりのシェイプアップを目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA