リバウンドのメカニズムを知ってダイエットをすれば誰でも痩せる

頑張ってダイエットをしても、リバウンドが起きて体重が元通りになってしまうのは、ホメオスタシスという身体機能が関わっています。

ホメオスタシスは体内に少ししかエネルギーが入っていない状態になったときに、それでも身体を維持するためにエネルギー消費を減少させる現象です。

ホメオスタシスがあることで、過酷な環境に置かれることになっても、代謝を下げたり、体温を維持したりして、生存しやすい体をつくることができます。

命をつなぐためには非常に大事なものですが、ダイエットを進める上では不都合です。ダイエットを成功させるためには、リバウンドのメカニズムを知っておくことで、スムーズに痩せられるようにしましょう。

今までと同様のダイエットをしているのに体重の減りがゆっくりになった場合、ホメオスタシスが機能し始めて停滞期が始まった可能性があります。

体重が思うように減らないからと、ダイエットを続ける意欲を失ってしまい、ダイエット前の食事に戻す人がいますが、そうすると今度は一気にカロリーを吸収し始めます。

食事は以前と同じで何ら変わらないのに、ダイエット前よりも体重が増えるようになってしまいます。

ダイエットにリバウンドが発生するのは、このようなメカニズムです。

ホメオスタシスが機能している停滞期中も、ダイエット時と同様の食生活や運動量を維持するように心がけましょう。

なかなか体重が変わらないので、ダイエットを続けることも苦痛かもしれませんが、いずれは停滞期も終わります。

ダイエットを続けているときに、停滞期に入ってしまった場合でも、また体重が減り始める日が来るからと、構わずダイエットをすることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA