リバウンドのメカニズムを知ればダイエットの停滞期を乗り越えられる

どうしてリバウンドが起きるのか、ダイエットをすると停滞期になるのはなぜか、メカニズムを知ることはとても大事です。

ダイエットで経験するリバウンドや停滞期には、明確なメカニズムがあるため、知っておけば対処はしやすくなります。食事の供給が途絶えると、人体は代謝を低く抑えることで、少ない食事量で生きていられるようになります。

食事の供給が滞っても、生命機能を維持できるようにと、極端なカロリー制限を受けた身体はエネルギーの消費量をできるだけ減らします。

少ないエネルギーを上手に使うためには有効な機能ですが、ダイエットにはまったく逆の効果として働いてしまいます。

ダイエットをしている時に停滞期になると、今までどおりのダイエットをしていても体重の減りが鈍化しますので、モチベーションも下がります。

体重を落としたいからと、好物を口にしない状態が続いたり、お腹がすいても少ししか食べない状態でいると、ストレスも蓄積していきます。

ほとんどの場合において、停滞期は訪れるものなので、ダイエットをする時には事前の対策をしておくことが大切です。

ダイエットのために食事量を少なくしていると、筋肉が弱まり、新陳代謝が下がって、体重が減りにくくなります。

ダイエット後のリバウンドは、食事制限などで体重を落としても、筋肉量の減少によって代謝が下がっている時に、食事量を戻してしまった時に起きます。

リバウンドが起きてしまう問題を解決するためには、エネルギー源として必要な食事量を確保して、同時に運動も行わなければいけません。

リバウンドが起きないダイエットをするためには、食事量と、運動量に配慮をすることがポイントになります。

 

レディホワイト通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA