健康維持に不可欠なEPAをサプリメントで積極的に摂取する

イワシやサバなどの青魚に多く含まれるエイコサペンタエン酸と呼ばれているEPAは、人間の体内では生成することができない成分です。

EPAは、オメガ3脂肪酸の一種であり、DPA同様、健康維持にとても重要な役割を果たしている成分として、関心を呼んでいます。

EPAのサプリメントがたくさん販売されている背景には、EPAが健康のために欠かせない栄養素であるという事実があります。

でも毎食青魚を食べるのは大変ですし、ただ食べただけでは体内で酸化されてしまいがちです。

やはりサプリメントを利用するのが、効率よくEPAを摂取できる最も効果的な方法だと言えます。

では、食事だけでは不足しがちなEPAをサプリメントで補給するという時には、どんな利用方法が適切なのでしょう。

エイコサペンタエン酸の摂取は、血液中の中性脂肪の濃度を低下させるのに役立ちます。血液中の中性脂肪の値が高いと、LDLコレステロールが上昇するために、動脈硬化リスクが高くなって、健康状態を悪化させることがあります。

中性脂肪が高くなり始めていることが健康診断などでわかったら、食事に青魚を増やしたり、EPAのサプリメントを使うなどの対策をするといいでしょう。

血液がサラサラとスムーズに流れることで、持久力が高くなり、スポーツをしている時の炎症物質の発生を抑制することから、EPAはアスリートにもお勧めのサプリメントです。さらに、エイコサペンタエン酸はドライアイの発症を抑制する働きがあることも知られています。

身体能力の向上や、健康増進のために、EPAをサプリメントで補給することは、誰にでも試していただきたい方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA