浴室でできる簡単な毛穴ケア

毛穴が開いてしまう原因は様々ですが、特に厄介なのが肌の乾燥です。

水分が不足すると、皮膚は外部の刺激から肌をガードする機能が低下します。その低下分を補うために、肌表面から油分が分泌されます。

知らず知らずに油分が毛穴に溜まり酸化して、洗顔時の洗い残しが汚れとなり詰まって、ポツポツ肌になってしまいます。

皮膚の油分が過剰に分泌されないようにするには、水分の蒸発を防ぐ必要がありますが、化粧水をどれほどたっぷりつけても水は失われていきがちです。

いかに化粧品を肌に染み込ませるかが重要なポイントになり、毛穴をしっかり開ききることが大切です。

入浴中に洗顔をして、毛穴を十分に開かせることで、スキンケア化粧品の有効成分を供給しやすくなります。

毛穴の汚れを落とすためにお湯で数回やさしく流して、皮脂汚れを浮き上がらせることで、洗顔料の効果がアップします。風呂上がりの浴室は、水蒸気で室内が覆われていて湿度が高く、湯を使っていたために浴室内の温度が高くなっていますので、皮膚は柔らかくなっており、毛穴も開いていて、スキンケアを施すの適しています。

浴室でケアするのは化粧水と美容液までで、乳液やクリームなどはふやけてしまうことがあるので、浴室の外で行います。

油分を含むクリームで顔全体を包むことで、化粧水の水分が蒸発しないようにします。乾燥は水分が蒸発するときに一番酷くなるので、お風呂上がりは迅速なスキンケアを心掛けましょう。

お肌を乾燥から守るためには、風呂上がりの素早いケアが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA