減量したい時には体重だけでなく痩せる体づくりを

長期にわたって取り組むことが、ダイエットを成し遂げるためには重要です。

典型的な減量のペースは、開始してすぐのうちはある程度まで体重が減り、それから体重の減りが緩やかになって、減量が徐々にやりづらくなるものです。

このダイエットの停滞期をどう乗り切るかによって、ダイエットの分かれ道になり、多くの人が減量できない現実に負けてしまうのです。

体重を落とすことが健康にいい効果があるという場合でも、過度のダイエットは健康を阻害する要因になります。

急激に体重が落ちると身体にいい影響がありませんので、ダイエットをする時はゆっくりとしたペースで減量をします。

時には同じようにダイエットを行っていても、体重が増えてしまうことがあるかもしれません。こまめに体重計に乗って、自分の体重を把握するのは悪いことではないですが、結果に振り回されないように注意しましょう。

ちょっと体重が増える程度なら、些細なリバウンドや停滞期の出来事と捉えて、深刻に悩み過ぎないことがポイントです。

体重の多少の上下は許容範囲だと受け止めて、あまり神経質にならないことも必要です。ダイエットをする時は、体重さえ減ればいいという考え方ではなくて、健康増進と両立させた痩せ方を目指すようにしましょう。

減量のためとはいっても、食べる量を少なくしすぎると、そのせいで栄養が欠乏してしまいます。

適度な運動を行い、筋肉量を増やして体脂肪を燃焼しやすい身体作りによって、健康的に減量できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA