減量に成功するためには体重の増減を気にし過ぎないこと

減量したいと思っている人の多くは、毎日決まった時間に体重計に乗って記録を付けています。

減量の進み具合を知るための体重チェックは大事ですが、体重の減り方に一喜一憂していると、ダイエットがうまくいかないこともあります。

ダイエット中の体重チェックは、あくまでもデータとして知るために測るものです。滞りなく減量ができていれば差し障りはないものの、結果が思わしくないと、それだけでやる気を失うような人もいます。

ダイエットがストレスになる理由の一つに、減量の頑張りが報われていないと思ってしまうことがあるようです。

人の身体は自律神経によってコントロールされている部分があり、自分の意志ではどうすることも出来ません。

心臓や胃腸などの臓器だけではなく、呼吸や体温、血圧も自律神経に影響されています。

生命維持を第一にしている自律神経は、人間が期待している結果と違う現象を起こすこともよくあります。

緊張していると、代謝が低下して、体内に蓄積されている脂肪の燃焼もうまくいかなくなります。

減量を目指して体重を確認していたはずが、体重の増減が精神的なストレスになって血流が悪くなることがあります。

強いストレスが続くと、欲求の抑制が効きづらくなって、つい大食いをしてしまうということもあります。

体重の多少の増減があっても、気持ちに余裕を持つことでリラックスできて、身体がスムーズに機能して減量の効果も得やすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA