無担保ローンを利用する際のメリットとデメリットについて

もしも無担保でローンを使うことにしたなら、いい点だけでなく、気をつけたいことも知っておきましょう。

担保なしでもローンが組める金融商品を無担保ローンといい、多くの人が利用している便利なものです。

ローンの申込みをする時に、担保にあてるための土地や車がない人でも、融資が受けられます。

ローンという表現とは一見関係がないもののように思いがちですが、クレジットカードのキャッシング機能も、無担保ローンのカテゴリーに入ります。

消費者金融会社や、銀行でも、借り入れ金額によっては、無担保ローンとしての融資が受けられます。

担保に対する審査を行わないで済む分、無担保ローンの審査は待ち時間が短くて済むことも、借入時の長所といえます。

審査が済むまで申込みから1時間とかからないという金融会社も多くなっています。

お金を貸す立場に立って考えてみると、無担保でローンを貸して返済が無理だった場合、貸したお金を取り戻す手段がありません。

ローンを利用する側からすれば、金利が高いことは歓迎できないことですが、金融会社からすれば返済不能リスクを考慮したためなのです。

無担保でローンを借りる時には、金利が高くなることは覚悟しておきましょう。

住宅ローンのような、土地や建物を担保にした大口融資と比べると、金利は段違いです。

ローンの申込みをする時に、担保がなければ、その人個人が確実に返済をする能力を持っているかが重視されます。

審査では、どんな仕事をしているか、収入はどのくらいあるか、持ち家かどうかなどを詳しく確認します。

他の金融会社から借り入れをしていたり、返済時にトラブルを起こしたことがあると、審査をクリアできないことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA