皮膚科で治療

もしもにきび跡のクレーターを治療したいと思ったら、皮膚科で治療してもらう必要があります。
なぜなら、ニキビによって皮膚組織の一番奥にある真皮層まで傷ついているからです。
真皮層は皮膚の新陳代謝がない場所なので、一旦真皮が傷ついてしまうと、お肌が元通りの状態になることは困難なためです。
一度できたクレーターを目立たなくするには、レーザーやフォトフェイシャル、ケミカルピーリングなどが使われます。
にきび跡にレーザーを照射することで、クレーター部分の回復を促します。
クレーターができた層の皮膚でも、新たな細胞がつくられるように、レーザーを照射します。
肌の細胞を新しくつくるためのコラーゲンが増加して、肌が受けた損傷が残っているにきび跡のクレーターを目立たなくすることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA