肥満解消には食事と運動によって体重を管理することが大切

肥満を引き起こす最大の原因は、毎日の食事の習慣と運動不足にあることがほとんどです。

いらない脂肪が体にたくさん溜め込まれると、体重が増加して肥満になりますが、どうして肥満になるのでしょう。

食物は体に取り入れられたあと分解されてエネルギー源となり、体を動かすときに消費されるようになっています。

運動不足などでエネルギーの消費量が少ないと、余ってしまったものが腹部などを中心に溜め込まれて、体重の増加につながっています。

肥満の状態が続いてしまと血管内にコレステロールがたまり、脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気を引き起こす可能性が高くなります。

肥満になりにくい体作りから始める必要がありますが、すでに肥満体型の人は肥満の原因となる要因を取り除くことが必要です。

食事の方法についてですが、なるべく炭水化物は少なめに摂取することをおすすめします。

ダイエットをしている時は、ご飯、パン、パスタなどの炭水化物は食べ過ぎないようにして、野菜をメインにしてください。

ただし炭水化物は必要な栄養成分であるため、肥満だからといって、まったく摂取しないと体が不調になる可能性があるので、適量の摂取は必要です。

肥満体型であっても、極端な食事制限は体に負担がかかるので、低カロリーで栄養バランスのとれた食事内容に改善しましょう。

食事習慣を改善したら、あとは毎日の運動をしっかり続けることで、消費カロリーを増やしましょう。

脂肪燃焼に効果的な有酸素運動であるジョギングやウォーキング、階段昇降などを継続していけば必ず肥満は解消できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA