表情豊かな顔を意識すれば表情が変わる?

目や口を大きく開けたり、ぎゅっと閉じたり、左右に偏らせてみたりと、口の中でべろを回したりすると、表情筋の運動ができます。
短時間で顔に疲れを感じたら、それは普段表情筋を使っていないというサインです。
顔のたるみが気になったら、お手洗いやお風呂の時などちょっとした一人の時間に表情筋を動かしてみてください。
表情筋を鍛えることは、顔のたるみを防ぐとともに、表情豊かな顔になるので、好印象が得られるというメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA