雑炊を利用したダイエットは簡単に効果があらわれる

多くの人が雑炊ダイエットを行う背景には、手間がかからず、痩身効果が高いことです。ダイエットのために、一回の食事を雑炊に置き換えることが雑炊ダイエットになります。

雑炊ダイエットの利点は、カロリーカットが簡単にできることや、調理に手間がかからないこと、栄養バランスの調整がやりやすいことにあります。

湯気の立つ雑炊を冷ましながら少しずつ食べることで少量でも満腹感を得ることができますし、白米が材料なのでお腹だまりがいいという長所もあります。

雑炊の弱点は、弁当に入れることが難しく、職場や学校の昼ご飯には向かないことです。朝と夕方など家にいる時間帯の食事はダイエット食にできますが、昼ご飯は通常どおり食べている人が一般的です。

お米を食べる量は、朝晩の2回で1合より少な目になるようにして、そのご飯から雑炊をつくります。

米が足りないという時は、野菜を多くしたり、海草を加えるといった工夫を施して、ちょうどいいボリュームにします。

こんにゃくは、低カロリーでかさがあるので、ダイエット中の活用も選択肢に入れるといいでしょう。

サトイモや、サツマイモなど、炭水化物量が多くカロリーも高いものは、ダイエット中の雑炊に加える食材として向きません。

たんぱく質の摂取量を減らすために、肉も魚も期間中は食べないほうがいいという方法もありますが、魚の白身や鶏肉は必要だという人もいます。

カロリー量が少なく、身体にプラスしたい栄養も加えやすいことから、ダイエットにために雑炊を食べるのはいいやり方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA