食生活の乱れは肥満の原因のひとつ

体質は人によって異なりますが、なぜ肥満になるかは食事内容が関係しています。

肥満の定義はBMIと呼ばれる値で判断されており、体重÷身長÷身長という式で計算されます。

肥満の基準は、BMIの数字が25をオーバーした場合になります。肥満の原因としてまず考えられるのは食生活であり、摂取したカロリーの方が消費されるカロリーよりも多い場合、太る原因になります。

肥満体型の人は、レプチンというホルモンの働きが鈍いことがあります。

レプチンは食欲を感じにくくし、食事量を減らしやすくする作用かあるというホルモンで、脂肪細胞からの分泌されます。

遺伝子の問題で、肥満になりやすいという人もいます。運動や活動に必要なエネルギーは、食事から得られるカロリーを燃焼させて得ますが、この機能がうまく働かない人がいます。

遺伝子異常の場合には、遺伝で肥満が起こってしまうので、食生活の改善だけではなかなか肥満を解消することができません。

肥満になる要因には、食事と、遺伝の双方が関係しています。

遺伝の場合は、親を見ると両親のどちらかが太っていたりしたり、両親とも太っていたりすることがあり、一目瞭然です。

小さい頃に食べ過ぎたり、食事に対する価値観がつくられて、肥満の基礎ができることがあります。

成人するまで、規則正しい食事をしていた人と比較して、不規則な食事をしていた人は、肥満のリスクが高いといいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA