30代の人が転職をする時には

もしも、30代で転職活動をするなら、今までの職歴が鍵を握っています。

新卒者と比較した時に、30代になってからの転職が不利になるとは限りません。

今すぐに、第一線で活躍してもらうための人材を雇用したいという企業なら、30代の働き盛りを、率先して採用するでしょう。

30代は、一生の中で最も仕事に対して熱心に打ち込める時期といえますので、30代であることは引け目にはなりません。

今まで、どんな仕事や経験をしているかを考え直すことがポイントです。

どんな仕事につきたいか考えて、その仕事に対してメリットになる経歴を思い返していきます。過去の自分を振り返って考えてみることで、転職活動に役立つ実績や経験はないか、自分にできることは何なのかを把握していきます。

自分の持っている能力や、実績、資格、経歴を、全て書き出すところから着手しましょう。自分の職歴や、経験をまとめることで、採用面接を受ける時でも、会社に対してどういった貢献ができる人材かをアピールすることが可能になります。

希望する仕事と、自分にできる能力に開きがあるという話も珍しくありませんが、30代で転職をしようとすると、選択肢は多くありません。

必ずしも、やりたい仕事の職場に採用されるとは限らないため、転職先がなかなか決まらない人もいます。

30代になってから転職活動をする場合は、自分のどこを売り込んで仕事探しをするのかを、よく考えて転職プランを考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA